続・CASINO-CONNECTについて考えてみる

という事で以前も「CASINO-CONNECT」についての記事を書いています。

結論としては「カジノ」なのですが、お金のやり取りが出来るアプリになる事は難しいと考えました。

コムシードも「ソーシャルカジノゲーム」と言っています。お金のやり取りというよりはコミュニケーション機能が強化されたアプリと考える事が自然だと思います。

という事で正直今でもこの考えは変わりませんが、この部分はアプリのヒットに係る部分でもあるので、どうしたらよりユーザーの納得出来る形になるかもう一度考えてみたいと思います。(もう既に開発は進行していると思われるのであまり気持ちを盛り上げてしまってもどうかと思うのですが、コムシードの新規プロジェクトの大枠がわかってきたので次の妄想ネタという事です…)

ま~お金のやり取りは難しいと思うのですが最近話題になった事例でテンピン麻雀はセーフ(厳密には違法だが、取り締まりの対象にはならない?)テンリャンピン(テンピンの2倍のレート)は取り締まりの対象となる。えびすさんが過去に逮捕された事を知っている方も多いと思います。

というように度が過ぎない程度なら運用方法次第では実現できるかもしれないと考えます。
多分ですが、コムシードも対象年齢をそれ程高く設定していないと思うのでお遊び程度でもリアルマネーが動けば動機づけになるのかな~と思います。

某掲示板ではアソビモを絡めてブロックチェーンでという話が出ていました。
確かにアソビモとは業務提携を行い共同開発する話があったと思いますが、メインはアソビモのプラットフォームにコムシードが乗っかるスタイルでの提携と考えています。

コムシードも仮想通貨技術に関しては興味を示していたフシはありますが、コムシード主体事業で展開すると考えるとコムシードが現在仮想通貨に関する技術を蓄積している様子は無くかといってハンターサイトが仮想通貨に関して詳しいかと考えるとそれも無いと思います。

又世の中の動きとして今年の5月に「改正資金決済法」が施行されました。自分には難解で正直「ちょっと何言ってるか分からない」感じですが、仮想通貨を取り扱う事業者に対しての要求が強くなっています。
もちろん仮想通貨の取り扱いを禁止している訳では無く「消費者保護」の面が強い法律です。

という事で要求事項をクリアすれば問題無いですが、それだけの突破力があるのかな~と思っています。


あらためて考え直してみても結構厳しい予想になりますが、議論の余地がある話題だと思います。

出来れば皆さんの考えを聞かせて欲しいと思います。

コメント投稿に関してはコムシードについて語る掲示板を利用してほしいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です