CASINO-CONNECTについて考えてみる(その1)

コムシードの最近の話題はアニメIPだったりBBM(あとはボイメン?)なのかもしれませんが、盛り上がっている割には全く進展が無いので正直飽きたwので、もう少し先の話になると思いますが「CASINO-CONNECT」について考えてみたいと思います。

「CASINO-CONNECT」はコムシードが取得している事が確認されているドメインです。

前段階としてコムシードはアミューズメントカジノ事業を運営するハンターサイト株式会社との業務提携を行いスマートフォンを用いたカジノゲーム分野へ参入を発表している、コムシードのメイン事業のグリパチと絡めてカジノ関連のコンテンツに使用するドメインだと推測されています。

関連記事

コムシード株式会社 新規ドメイン取得
コムシード、ハンターサイトとの業務提携を発表


個人的にも株主の方もこのドメインがカジノコンテンツでお金のやり取りが出来るアプリである事を期待ししている方も多いと思いますが、現実問題として非常に難しいと思います。

国内では最近やっとIR法が整備さている段階で賭博行為は公営競技(競輪、競馬など)以外は禁止されています。

??? 日本にはパチンコがあるじゃないかと思うかもしれませんが、パチンコ店は「風俗第四号営業」としての許可のもと営業を行い許可されているのは「景品」の提供です。

ここでもパチンコをする殆どの人は景品をお金に替えている!という話になるのかもしれませんが、パチンコ店が管理しているのは景品の提供まで(のハズ)で何故か偶然パチンコ店の近くにパチンコ店の提供する景品を買い取ってくれるお店が存在しているだけです…

 

類似業種としてゲームセンターがあると思います。
ゲームセンターは「風俗第五号営業」としての許可のもと営業を行っています。

そしてこの五号営業では景品の提供は禁止されています。

ここでも???になるかもしれません。クレーンゲームなどで景品を取る事が出来るじゃないかと・・・

ただこの点については警察庁の見解として小売価格が800円以下の物を提供する場合は禁止行為にあたらないと有権解釈を行っています(=取締りを行わない、ただし合法と判断しているのではない)という事で度が過ぎた営業を行えば取締りの対象になるハズです。

だったらいっその事「四号営業」の許可をとって営業すればと思うかもしれませんが、四号営業許可のハードルは高く免許取得後も厳しく管理されるので自分の望む営業スタイルに沿う免許を取得して営業する事になります。


これで大体(現金)・景品を提供する為に必要な営業形態の説明になります。(なる事にします…)

ただし、この中で定義出来ない営業パターンも存在しています。

例えばショッピングセンターにあるクレーンゲームでゲーム機を獲得した!という人もいると思います。

ゲームセンターが提供出来る景品は800円までなのでは?と思うかもしれません。

ただショッピングセンターは五号営業の許可をもらって営業しているお店はありません。別の法律で管理されています。

こんな感じで素人には非常に難解です。興味のある方は個人で調べてみてほしいと思います…


ただここまでの定義の多くは有人店舗を想定していて近年発達しているネット環境を想定している形では無くコムシードも目指しているのは「スマートフォンを用いたカジノゲーム分野」への参入です。

この分野はまだ法律的に未整備な部分も多くちょっと書き方は不適切だと思いますが「つけ入る隙」を狙って新規業者が参入しています。

現状はカジノでは無くパチンコとしてですが、PC上で動作する777タウン.net ななぱちなど。

そしてスマホ上で動作するグリパチなどもパチンコアプリです。

以前は携帯・スマホのスペックがパチンコシミュレーターを動作させる事に不向きだった事もありPCが主戦場でしたが、最近はスペック的に問題無い、通信環境も整ってきているのでスマホ市場に主戦場が移ってきていると思います。

ただし、これらのアプリはあくまでも「パチンコシミュレーター」です。パチンコを疑似体験する事が主眼です。

 

そこからもう少しカジノ色を強くする形態が登場します。

既にサービスを終了させていますが、「アミュライブ」です。

アミュライブは実際にホールで使用されていたスロット実機を使用しネットを利用し遠隔操作で機械を操作する事が出来ます。又パチンコ実機を遠隔操作出来るサービスや上場企業サイバーステップも「オンパチ」をサービス開始予定で現在ベータテストを実施しています。

「オンパチ」は現在スマホアプリでのテスト中のようですがweb版を遊技してみた感想、ベータテストとは言えとても評価出来ないくらい酷かったです…上場企業が参入したという事でそれなりの期待をしていましたが、がっかりな感じでした。

又このサービスを始めるにあたって当然現金・商品の提供も視野に入っていると思いますが、上場企業的なコンプライアンスの問題もあるのか未確定な事柄には一切触れていません。

「トレバ」の実績から参入したのかもしれませんがパチンコに関してのノウハウがそれ程無いと思われる状況でよく参入出来たなと思います。(さらに実機を使用した場合映像使用権の問題も絡む可能性がある為かオリジナルスロットのようです。オリジナルでスロットの面白さ、奥深さを出せるか疑問です。ま~現金のやり取りが出来れば問題ないのかな)

正式サービス開始には時間がかかりそうだと思います。

ここまで「CASINO-CONNECT」についてほとんど触れていませんが、まだ長くなる()ので次回にします・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です