グリパチでパチスロ鉄拳4 配信決定

山佐とは関係性がうまくいっているようです。

スマートフォンゲームアプリの企画開発・サービスを手がけるコムシード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚原謙次、名古屋証券取引所セントレックス上場、コード:3739、以下コムシード)は、「GREE」で運営するソーシャルゲーム「グリパチ」において、山佐株式会社の『パチスロ鉄拳4』のiOS版およびAndroid版ゲームアプリを同時配信することを決定いたしました。2020年4月27日にグリパチ内の一部エリアで先行配信され、翌28日に一般公開される予定です。

https://www.commseed.net/archive/200421_p1/

メイン機種になっているとは言えませんが、グリパチ公式Twitterでも触れてる通り現役稼働中の「鉄拳4」がグリパチに登場します。

販売開始は昨年7月の機種でオリンピア・平和以外の機種が販売開始1年以内にグリパチで登場するのは始めて?かもしれません。

「キングパルサー」に関しては少し厳し目の評価でしたが、新作・旧作を織り交ぜてリリース出来る事は評価出来ると思います。

ちなみに山佐新作機種を順番にリリース出来ると考えるとTIGER & BUNNY→天下布武4→ケロット4→間もなく販売開始予定のモンキーターンⅣになります。

もし「タイバニ」がリリース出来れば、権利問題、予算等ハードルは高いと思いますが、少し広目のユーザー層獲得に期待出来ると思うので出来れば実現してほしいと思います。

ま~無難に考えれば山佐オリジナルの天下布武4を自作に期待したいと思います。

現在の社会情勢を考えると今までのデータ、経験則通りの素直な動きをする状況では無いと思いますが、結果が出てくたらと期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です