結局国内アニメIPは何なのか考えてみる

今回の決算補足説明資料ではサプライズ的に「PUBG」のKRAFTON社の新作アプリの国内独占配信の発表がありましたが、ここしばらく温め続けられている国内IPアプリに関しては進展があったような無かったような・・・

参考

ただし国内アニメIPに関しては少し表現が変わってきてはいます。

「今期中リリースに向け進行中。ゲーム公式HPも公開中 他社パブリッシャーとなるため、現時点ではタイトル名未公表」(2020年春予定)です。

絞れそうで絞れないキーワードがいくつか、「今期中リリースに向け進行中」、「ゲーム公式HP公開中」、「他社パブリッシャー」、「現時点ではタイトル未公表」

・今期中リリースに向け進行中、2020年春予定。:今期中となれば3月までですが、春と言えば何処までかと考えれば長く見て5月。ま~4月までくらいにはという感じでしょうか?

・ゲーム公式HP公開中:HPは公開されている。判断が難しいですが、事前登録的な事はしていない・・・のかもしれません。

・他社パブリッシャー:当初の感覚ではアニメIPだからと思っていましたが、コムシードは他社のアプリの開発協力=ディベロッパー的なポジションなのでしょうか?

・現時点ではタイトル未公表:公式HP公開中なのでなんとなく矛盾しますが、ディベロッパーなのでコムシードの名前はまだ出せないと考えれば一様話が通ります。


これだけ情報があれば、絞れると言えば絞れるかもしれませんが、確定させるのはほとんど無理だと思います。

某株板ではイナズマイレブン、聖闘士星矢、この素晴らしい世界に祝福を!を上げた方がいましたので、とりあえずこの3アプリは除外して頭を捻ってみたいと思います・・・

アニメIPで配信予定時期がそこそこ公式HPありで調べて見ると・・・

TSUBASA+(ツバサ プラス):キャプテン翼です。GPS機能を使ったアプリです。全世界で配信予定。ま~違うな…

妖怪ウォッチforスマートフォン:2019年配信予定なのでちょっと違うかな…

新・消滅都市プロジェクト:ポイントとして「Wright Flyer Studios」は「グリー」が母体の企業である事、考え方によってはタイトルが「プロジェクト」なので仮題である可能性がある、配信予定が2020年、公式サイトありという事でピックアップしてみたいと思います。


ぶっちゃけ上にあげたアプリはコムシードが開発しているとは考えにくい()すごいアプリばかりですが、コムシードはディベロッパーという役割で部分的に請けていると考えれば、可能性は無くは無いかもと思います。

ま~どうせ当たらないと思いますが、ひとつピックアップして予想は「新・消滅都市プロジェクト」とします。

「恥の上塗り」になりそうですが公式サイトとPV

当たったらすごいと褒めてもらいたいですが、ハズレたらそっとしておいてください…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です