(3739)コムシード韓国KRAFTON社と提携「Project BBM(仮称)」の日本版独占契約を締結

スマートフォンゲームアプリの企画開発・サービスを手がけるコムシード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚原謙次、名古屋証券取引所セントレックス上場、コード:3739、以下コムシード)は、グローバルゲーム開発社連合KRAFTON(本社:韓国、代表取締役:キム・ヒョソプ、以下KRAFTON)と、同社が開発する新作モバイルゲーム『Project BBM(仮称)』の日本版独占配信契約を締結し、全世界に先駆け日本で当ゲームを先行配信することを決定しました。あわせて、本日ティザーサイトを公開しましたのでお知らせいたします。

https://www.commseed.net/archive/191108_p1/

今日は色々情報があってやや混乱していますが、KRAFTON開発の新作アプリを日本独占最新契約を締結しました。

配信されるアプリは「Project BBM(仮称)」で日本国内配信後世界配信も計画されている模様です。

ティザーサイト

ここの管理人ドメイン名は少し気にするクセ()があって今回のドメインはhttps://app-pr.commseed.net/project_bbm/です。

ここからわかる事は「commseed.net」がメインのドメインでこの部分のみ入力するとコムシードのトップページに移動します。そして次に「app-pr.」は後に続くメインのドメインの所有者が自由に増やす事が可能な部分です。

SEO的には関連が無いわけでは無いのですが、別サイト扱い(サブドメイン)になります。(ちなみにサブドメインはメインドメインの所有者が基本的に無料で増やせます)

次に「/」以降の部分はサブディレクトリとなり通常ブログなどで記事を増やして行くとこの部分が各記事に割り当てられます(サブディレクトリ)

この場合「/」より前の部分、今回は「app-pr.commseed.net」というサイトの1記事の扱いになります。

という事で「app-pr.commseed.net」にアクセスしてみると・・・

コムシードのパチ&スロ情報に繋がります…

サイトポリシーにもお約束的にURL変更の可能性が明記されていますが、正式タイトル決定後はタイトルにちなんだURLに変更される可能性が高いと思います。

せっかく馴染んだURLを変更するのはもったいない気もしますが、転送設定という便利な機能もあるのでま~問題ないかなと思います。

ちなみに「PUBG」に関しては名前くらいは知っているけれどどんなゲームかはよくわかっていません。

言葉のニュアンス的に「PUBG」の開発スタッフが直接関わっている感じではなさそうですが、「PUBG」の「KRAFTON」という名前を出す以上それなりの水準が担保されるのかなと思います。

2020年春配信予定という事で短いような長いようなそんな感じですが、今期残り~来期にかけて本当に色々撒いた種から実った作物が収穫されそうで楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です