「グリパチ」で「サイバードラゴン」配信

スマートフォンゲームアプリの企画開発・サービスを手がけるコムシード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CTO:羽成正己、名古屋証券取引所セントレックス上場、コード:3739、以下コムシード)は、「GREE」で運営するソーシャルゲーム「グリパチ」において、山佐株式会社のパチスロ機「サイバードラゴン」のiOS版およびAndroid版ゲームアプリを同時配信することを決定いたしました。
2019年4月25日よりグリパチ内特別先行エリアにて公開、4月26日より一般公開となります。

https://www.commseed.net/archive/190418_p1/

販売は2001年とかなり古い機種ですが、当時としてはかなり斬新なゲーム性で自分だけかもしれませんが、今でも続編を望む機種の一つです。

今時の表現で言えばA+AT機になると思います。

出玉増加の鍵はATに突入させる事。そしてATに突入させる為には今でいう所の自力CZ、当時はミッションをクリアする必要がありました。

ミッションは2種類あって「タイガーミッション」(確か通称トラミ)、「ドラゴンミッション」(同じくドラミ)

ミッション内容はNゲーム以内に小役をN回揃えろとか、かなりの種類がありました。(今では同じ様なゲーム性を持った機種は数多くあると思いますが、全て抽選とは言え自力感のあるゲーム性は画期的でした)

トラミクリアでATのチャンス、ドラミクリアでAT確定だったと思います。

ま~細かい事を書くと色々残念なポイントもあるのですが、続編が制作されない事が本当に不思議だと思います。

コムシードが長いゴールデンウィークを乗り切る勝負機種になるのですが、今のユーザーがこの機種で遊んでみて、どういう評価をするのか結構気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です