コムシード、韓国FSN社とNFTゲーム分野に関する連携で合意

スマートフォンゲームアプリの企画開発・サービスを手がけるコムシード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:塚原謙次、名古屋証券取引所セントレックス上場、コード:3739、以下コムシード)は、韓国最大の総合デジタルマーケティンググループである(株)FSN(本社:韓国ソウル特別市、代表:イ・サンソク、ソ・ジョンギョ、KOSDAQ上場)と、本日、NFTゲーム事業に関する基本合意書を締結することといたしました。

https://www.commseed.net/archive/211125_p1/

P2Eゲーム市場における協業を視野に入れた展開を行うようです。

P2Eゲーム市場という事でざっくり言うとブロックチェーンゲームで展開していくようです。

ブロックチェーンゲーム自体は新しい分野という程では無いですが、P2W :Play to win(勝つために課金)からP2E :Play to Earn(稼ぐためにプレイする)にシフトの動きがあるようです。

この連携でコムシードのカジノプロジェクトの方向性も分かるような気がします。少なくともゲームの中で仮想通貨が関係してくると思います。

FNS社はブロックチェーンの技術を持っているが、ゲーム分野は未参入、コムシードはゲームの分野で提携し、ブロックチェーンの技術を獲得出来ます。

中々夢のある話題であると思うので期待したいです。続報が気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です