「帝国戦記」の運営をモビディックが継承

某掲示板にモビデイックが「帝国戦記」の運営になったといった書き込みがありました。

この事に関してコムシードからirは出ていないし、自分の想像しているコムシード子会社モビデイックすら触れていないので壮大な勘違いとなる可能性がありますが、自分の想像するモビディックで正解だとして話を進めます・・・

ちなみに「帝国戦記」公式Twitterでは告知があります。

まず「帝国戦記」というゲームですが、2012年5月リリースという事でおよそ10年前からサービスが継続するカードバトル要素のある多国家参加型の戦略シミュレーションゲームです。

前運営会社は「さくらソフト」で今年の4月に破産しています(負債は関連会社も含め3.4億円)

配信プラットフォームはモバゲー、dゲーム、グリー、TSUTAYAです。およそ10年前のリリースという事、配信プラットフォームを見ても想像出来ますが正直1世代も2世代も前のタイプのゲームと感じますが、コムシード、モビディックにとっての問題は利益が出せるか?という事だと思います。

直近の運営は千葉市で行っていたようですし、実際の運営は殆ど関与しないように思います。コムシードの規模の企業であれば、かかる経費と利益のバランスが取れると判断したのだと思います。モビディックにとってもポルトミラージュを8月でサービスを終了予定であり、次の事業を立ち上げるにはそれなりのエネルギーも必要なのですぐに動けるゲームを探していたのだと思います。

「パン工房」の例もあるように10年続いた「帝国戦記」を20年、30年続くゲームにしてほしいと思います。

追記

モビデイック公式サイトトップページから「帝国戦記」へのリンクが確認出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です