パチンコ&スロット アプリが販売されそうな機種を考えてみる

コムシードの今後の展開として今は「ソーシャルカジノ」アプリがいったいどうなるか注目している方はいるかもしれませんが、今でもメイン事業はグリパチやパチンコ&スロットのアプリです。もう何年も「第2の柱」を育成するなんて言い続けていますが、実現していません。

そんな状態でも会社が存続しているのはP&S関連の事業がそこそこうまくいっているからです。

P&S業界も厳しい状況ですが、逆に考えるとP&Sアプリに新たな企業が参入する事も無く無茶・無理をしなければ、それなりにやっていける状態です。

というP&Sアプリ関連事業ですが、今後の展開を考えてみたいと思います。

まず、現在販売されるパチンコ&スロット機は各社完全オリジナル機もありますが、多くは別の会社のIP(版権)を使用して販売されています。

そしてコムシードもそのIPを使用して販売された機械のIPを使用してアプリ化しています。(コムシードの決算書では必ず触れられる部分でP&Sの販売状況でコムシードの売上も左右される可能性があり危うい部分です)

その中で現在コムシードがアプリ販売の実績があるメーカーは限られ現在は平和・オリンピア、SANYO、エンターライズだと思います。(ここにグリパチでリリースされる直接アプリ開発はせずにアプリ化されたソフトをアレンジした物を含めるともう少し増えると思います。)

直接開発しないアプリの予想は難しいですが、直近3社の販売状況・予定はわかるので少し見て見たいと思います。

平和・オリンピア

販売済み

パチンコ:Pガールズ&パンツァー 劇場版

販売予定

パチンコ:Pめぞん一刻~Wedding Story~

スロット:パチスロガールズ&パンツァー 劇場版


平和・オリンピアの年間販売予定機種数
パチンコ:4→8
スロット:5→6

直近で販売・予定されている機種ではガールズ&パンツァー劇場版はP&Sアプリ化される可能性が高いと思います。ただし、個人的にはガール&パンツァーの版権が既に力を失っていると感じるので非アプリ化の可能性もあると思います。

めぞん一刻はアプリ化して欲しいと思いますが、元々TVアニメ版と声優が違っていたり収録曲数は多いのですが、予算の都合等で本人歌唱では無い曲もあったりと少し難しい版権のようなのでアプリ化も難しいと思います。

又パチンコ鬼武者の版権が京楽から平和に移ったようで最新作は平和から販売されます。後述しますが、コムシードのパチンコアプリ販売予定数からアプリ化の可能性は低そうですが、気になります。

 

ちなみにコムシードの今年度のアプリ化計画は年間でスロット:2~4、パチンコ:1~2と昨年度より開発予定数を減らしています。
最近は開発アプリを厳選しているようですが、厳選しすぎて開発するアプリが無くなってしまった()のかと思います…

エンターライズ

エンターライズはカプコンの子会社で、親会社の持つ豊富なIPを利用すれば、そうとうな規模感も出せると思いますが、年間数機種の販売です。

販売予定

スロット:パチスロ 百花繚乱 サムライガールズ

前述のようにエンターライズは販売機種数は少ないですが、比較的アプリ化される可能性は高いのでこの機種もアプリ化されるのではないかと思います。

ちなみにスロット「バイオハザード7」の新台も少し前にリリースされています。実際の開発はエンターライズとも言われていますが、ユニバーサルとの協業機でエンターライズより資本金の多いカプコン子会社アデリオンの名前が挙がっているのでコムシードがアプリ化の可能性は少し弱いと思います。そこそこヒットしている機械なのでちょっと寂しいです。


エンターライズとしては上場していないですが、親会社カプコンは上場企業なのでスロット年間販売予定機種数は確認出来ます。

カプコン販売予定:3→4。

販売予定台数は減っていますが、機種数は増えています。2020年度は1機種だった事を考えると開発体制を強化してきているのだと思います。ただしこれはカプコンとしての数値で前述のアデリオンは未発表ですが、既に検定を通過した機械を持っていたりするので今後カプコン版権のスロットのメインはアデリオン開発に移行する可能性があると思います。

そうなるとアプリ開発もアデリオンのラインで動く可能性があるのでコムシードの出る幕が無くなるかもしれないので注視する必要があると思います。

SANYO

販売予定

パチンコ:海シリーズ数機種

スロット:海、聖闘士星矢(どちらも噂)

以前は販売ペースは抑え気味だったと思いますが、近年は海シリーズのスピンオフ、別スペックなどかなりの数を販売します。

さらに大工の源さんもシリーズ化されるかもしれないなどパチンコに関してはその他メーカーを抑えナンバー1メーカーだと思います。そんなメーカーと取引き出来るコムシードはラッキーだと思います。

ただし、海シリーズはアプリでは弱い事は残念です。海は実際にお店で打つ機械です。

ただし海シリーズ以外でも最近の大工の源さんのようにアプリでも結果を出せる機械もあって大事なメーカーです。

それはSANYOのキャラクターはアイレムがかかわっているものが多く(源さんも海も)パチンコメーカーの開発ではダメという訳ではないですが、アプリとして遊ぶには適したデザインだという事もあると思います。


現状苦戦している業種・業界は多くパチンコ業界もその中に入りますが、これからは良くなると思っています。

そしてその流れにコムシードもうまく乗ってほしいと思います。

3 COMMENTS

ヤギ

コムシードコリアの開設は大きいと思うのですがいかがでしょうか?やっと動き出すかとは思っているのですが、初コメよろしくお願いします。

返信する
管理人

初コメントありがとうございます。
大量の収穫を考えるなら「動いても良い」タイミングだとは思いますが、負けられない戦いならまだ「様子見」かなと思います。
というのは、以前も書いていますが、コムシードが計画しているのは「ソーシャルカジノ」
=SNS色の強いゲームと想定出来るからです。コムシードの強みのあるジャンルでの開発ならコムシードとしては間違いの無い選択かもしてませんが、これで世界制覇間違いなし!と考えるのは少し難しいと思います。もう少し情報が出て内容を見極めてからでも結果は出せると思います。これも以前書きましたが個人的には少額でも良い(逆に少額で十分だと考えます。)ので暗号資産(ブロックチェーン)が絡められれば、勝機はあるのかなと思います。後は意地でも成功させる資金力・継続力があれば問題無いのですが、それが無いから今の地位なんですけどね。

返信する
ヤギ

ありがとうございます!BCが絡めまば間違いなく思惑は動くとも思ってますし、BCありきだとも思ってます。考察ありがとうございます。今後も楽しみに見させて頂きます

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です