コムシードのアニメIPタイトルは「ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト」

コムシードがディベロッパーとして参加しているアプリは「ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト」と確認されました。

2020年3月期通期決算補足説明資料

「ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト」はグリー株式会社より国内リリース予定という事でホームページが存在しフォロワー数1.9万人のTwitterアカウントもあります。

たしかここの管理人はなんと言っていたのか・・・ま~グリーは関係していると書いた覚えはあるのでま~良いか…

ついでに最近LINEパチンコが出来たら・・・と言った書き込みを某株板で見かけました。何処まで本気で書いているかわかりませんがLINEパチンコをコムシードが展開する可能性は限りなく低いと思います。

それくらいコムシードにとってグリーは重要な企業です。資本関係は無かったと思いますが、言ってしまえばグリーの数ある下請け企業のひとつくらいの存在です。グリパチを捨ててLINEに流れるとは考えられません。

仮にグリパチを維持しつつLINEパチンコも展開出来るかと考えるとリソース的に無理だと思うし、それ程大きな市場ではない、グリーが黙っているはずないです。二兎を追うものは一兎も得ずとなってしまいます。

話を戻して「ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト」は中国では2019年6月に配信を開始しているのでYoutube上でプレイ動画を確認出来ます。アプリは繁体字?ですが、期待度の高いアプリなのか日本の配信者さんがプレイ動画をアップロードしています。

まずはグリーの公式動画

ちなみに公式サイトにも動画にもコムシードの名前はありません。契約によっては名前も出さず下請けに徹するアプリもありますが、今回は名前を出して(出させてもらった?)参画しています。パブリッシャーほどの評価も批判もされないと思いますが、名前を出して参画している以上恥ずかしい事は無しにして欲しいです。

2~3人?くらいは日本の方でプレイ動画をアップしています。

日本のグーグルプレイでは検索にもかからないハズですがこんな感じのようです。この方は台湾版を遊んでいるとの事です。

動画の概要欄に台湾版のダウンロードリンクがあったのですが、みてみるとapkを直接ダウンロードして遊ぶようです。説明では公式apkのみ収録としていますが、何かトラブルがあっても自分で解決、責任が持てる、責任を求めない方のみにした方が良いと思います。

このページにアクセスしてくれた方は多少なりともコムシードに関心のある方だと思います。

国内版をプレイしてコムシードの仕事を確認して欲しいと思います。

ですが、リリース予定とか対応スペックとかは不明です。ちょっと気になるのはプロモーション関係が昨年12月前後で止まっている事です。今の状況だと開発に手間取っているのか、国内・国際状況から人員の確保が難しく単純に人手が足りないのか???

日本と中国との行き来もままならない状況なので仕方ないのかな~。ちなみにこの部分にはコムシードいうよりモビディックが絡んでいるような気がします。

とりあえず「続報を待て」って感じだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です