パチンコ店の営業中止はグリパチにとってプラス材料なのか?

最近の社会状況、要請などを受けて大手パチンコチェーンを中心に営業を中止するお店が増えて来ています。
この状況でコムシードのメイン事業「グリパチ」の売り上げがどうなっていくかを考えてみたいと思います。
※個人的にはコムシードの株主であり、パチンコを打つ人なでその点は考慮してください。

まず今回の場合に限らずお店でパチンコを遊んでいた人がパチンコを止めた場合オンラインパチンコ(アプリ)ユーザーになるか考えてみます。

もちろん一定数の方はアプリユーザーになりこの点だけ見ればグリパチユーザーの増加要因です。
ただしそんなに単純な話では無いと思います。

某株板の書き込みでたまに見られる論調ですが、パチンコ産業の衰退を望み、パチンコからユーザーが離れ、それがグリパチのユーザー数の増加につながるから株主の自分にとっても良い流れという考えです。

ま~パチンコ引退者からグリパチユーザーを一定数獲得出来るかもしれませんが、グリパチはパチンコを打たない人だけが打つアプリではないです。
実際にお店で打つ人がグリパチでも打つ場合も多いはずです。この部分が抜け落ちています。パチンコ産業の衰退はグリパチにとっても良くない流れです。

パチンコを打たない人の中には、パチンコなんて要は「玉が出れば良いんでしょ」と思う方もいるかもしれません。
それは景品(特殊景品)のやり取りが出来る状態ではある程度成立するのですが、今は出玉規制などの影響もあり昔に比べてよりゲーム性の高いパチンコが好まれる傾向が高いです。
グリパチのようなアプリではその傾向がより強くなると思います。

ならばゲーム性の高い面白い台を作ればという話ですが、市場規模、採算性を無視した資金は投入出来ないので面白さもそれなりになる可能性が高いです。
結果コムシードも採算性を考慮して有料販売のアプリ開発本数を減らしています。

有料販売アプリの開発本数の減少なのでグリパチには関係無いと思う方もいるかもしれません。
でも、有料販売アプリの開発本数減少はグリパチにも影響があり新機種追加時の訴求力・売り上げに大きく影響します。

例えば最近のグリパチ導入機種は「キングパルサー」です。
ま~リアルで「キンパル」を打っていたおっさんにとっては懐かしくグリパチで打てるならま~嬉しいかなとは思います。それだけ。
リアルで打っていない世代にキンパルは「サイレントタイプのモード管理されたストック機で各種演出はドットで行われる!」と言われて打つ気になるでしょうか?

それよりも現在ホールで大人気の「○○○」がグリパチでも遊べますとなった方が訴求力も高く幅広いユーザーに対してのアピールに繋がります。
そんな事が続けばどうなるか想像出来ると思います。ジリ貧です。

という事で一般論としてパチンコ産業の衰退はグリパチにとっても良くないと考えます。

ただし今回のパチンコ店の営業中止状態がどう影響するかは個別に考える必要があると思います。

今回の場合、実店鋪で打っている一定数のユーザーが突然行き場を無くします。
ある程度のユーザーはまだ営業を続ける店舗に移動すると思いますが、残るユーザーは難民状態となって逃げ場を探す事になります。

ある人はこれを機に違う趣味を見つける人もいると思いますが、より近いグリパチ等に逃げ場を求める事になる人もいる思います。
さらに外出自粛の流れからいわゆる「巣ごもり」自宅内で余暇を過ごす人が増加しています。

結果的にグリパチのユーザー数増加要因になると思います。

ただし、この騒ぎはいずれ落ち着きます。
その時にどうなるか考えるとリアル店舗が営業を再開すれば、リアルに戻りグリパチユーザーの減少になるものの一定数のユーザーはグリパチに残ると思います。結果的に短期的に考えればま~ポジティブ要因です。

ただし今回の騒動はパチンコ業界に限りませんが、営業を再開してもかなりのホールが挽回不能のダメージを負う事になり産業全体が衰退する事はまず間違い無いです。

ここで前述のようにパチンコ産業の衰退はグリパチにとっては間違いなくネガティブ要因で継続して運営を続けるには良くない流れです。

という事で短期的に考えればプラス要因で一時的にはユーザー数、売上などの増加に繋がるかもしれませんが、長期的に見て良くない結果になると思います。

また騒動沈静化後は各種経済浮揚の取り組みが行われる事になると思います。

パチンコ産業も雇用面、モノ作りにおいても今では無視できない規模の存在になっており政府の対応を期待したい所です。

ただし、政府が優先的に浮揚作に取り組む事が期待出来る業種では無く一度衰退してしまうと元の状態を取り戻す為にかなりの時間を要する事になると思います。というか浮揚するのは無理かもしれないと思ってしまいます。

その中でコムシードとして取り組める事は限られています。
コムシードは「グリパチ」というアプリのパブリッシャーであると思いますが、その中身は他社の開発したパチンコ・スロットをアプリ化するある意味ディベロッパーであると考えられます。
そのため業界の流れに抗う力はなく業界浮沈の影響をそのまま受けます。

この辺りはコムシードも当然認識している事でもうかなり前からになりますが、第2の柱としてグリパチ以外のメイン事業を模索しています。

という事で当初はパチンコ関連に親和性の高い業種からの柱を検討していた雰囲気はありますが、最近は完全にパチンコ・スロットとは別分野への進出を模索しているように感じます。これは現社長がゲーム、パチンコ事業以外からの出身者である事に関係があるのかと思いますが、真相は不明です。


という事でパチンコ店の営業中止は短期的に見てポジティブ要因だが、総合的に考えると好ましくない流れと考えます。

短期的にはポジティブなので言い換えればコムシードにとって逃げる時間が稼げたと考えれば良いと思います。

この間に「BBM」を成功させる事、まだ見ぬアニメIPの発表、カジノプロジェクトの推進と打てる手は持っています。すべて成功させろとは言いませんがどれかひとつでも起動に乗せる事が出来ればコムシードとしては成功と言えると思います。

個人的にはグリパチに関して悲観的に見ています。
ただし、上にも書いていますが、自分はグリパチに興味があり、パチンコも打つ人です。新規事業が成功した暁にはグリパチにも資金を投入してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です