「不思議の森のパン工房」が「スヌーピー」とのスペシャルコラボ実施

スマートフォンゲームアプリの企画開発・サービスを手がけるコムシード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚原謙次、名古屋証券取引所セントレックス上場、コード:3739、以下コムシード)は、ほっこり系ソーシャルゲーム「不思議の森のパン工房」において、世界的に人気のキャラクター「スヌーピー」とのコラボレーションキャンペーンを、2019年10月29日(火)から11月11日(月)まで開催することをお知らせいたします。

https://www.commseed.net/archive/191028_p1/

先日は「アイラブバーガー」がスヌーピーとのコラボを実施しましたが、今度は「不思議の森のパン工房」がスヌーピーとのコラボを実施します。

不思議の森のパン工房とは?
森で収穫した果実を組み合わせて、様々なパンを焼きあげましょう。目指すは不思議の森の、一流パン職人。

との事です。

「不思議の森のパン工房」は元々株式会社ワークジャムが開発したアプリですが、ワークジャムがソーシャルゲーム事業の解散をする際に権利を取得しています。
2011年のIRを確認すると譲り受け価格が2500万円。その他費用も含めて3年で償却予定とされています。

コムシードは個別アプリ毎の売上を開示していないので、現在の状況を把握する事は難しいですが、ワークジャムの配信開始が2010年3月、引き継ぎ後コムシードがスマホ版をリリース(2012年6月)する際の謳い文句が「100万人が遊んだソーシャルゲーム」という事で間もなく10周年を迎えようとしているアプリです。

これだけ長く続くには理由があると思うし、下世話な言い方ですが、元の取れたアプリだと思います…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です