オンラインカジノへのアクセスが急増しています

カジノ

オンラインカジノ自体は以前から海外で運営されているのですが、ヤフーニュースになったりもして現在注目が集まっています。

これは日本経済新聞のニュースです。

話の流れとしてはギャンブルが原則禁止の日本からのアクセスが急増しているという事です。

ここで「原則禁止」という表現に絡めてパチンコが例に上がると思いますが、話がややこしくなってしまうと思うので今回は割愛して考えてみたいと思います。

 

国内では原則禁止のギャンブルですが、海外では合法の国があり、通信環境の変化から日本国内からでもアクセスが容易になってきています。

それでも今までは言葉の壁等があって知る人ぞ知るという感じでしたが、海外が日本語対応を進めるなどした事もアクセス増の要因です。

だからと言って日本からカジノを楽しむ事は違法で目立った動きをすると現在でも摘発された事例もありますが、実質取り締まりは難しい状況です。

となると法改正してもっと厳しく取り締まれと考える方もいると思いますが、現在カジノ議論は進んでいるので国内でもオンラインカジノも含めた議論を進め日本の資産が国外に流出するくらいなら日本で課税システムを確立した方が良いと思います。

多少課税されても国内で完結するなら日本人なら国内でお金を動かすと思います。

その事に合わせてコムシードもカジノゲームを普及させ市場を開拓するまたとないチャンスだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です