「パチスロ モンスターハンター:ワールド」アプリ配信決定

スマートフォンゲームアプリの企画開発・サービスを手がけるコムシード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:塚原 謙次、名古屋証券取引所セントレックス上場、コード:3739、以下コムシード)は、2021年1月、エンターライズのパチスロ機、『パチスロ モンスターハンター:ワールド』のiOS版、Android版ゲームアプリを同時配信することを決定いたしました。

https://www.commseed.net/archive/201215_p1/

Sモンハンワールド配信決定です。

今回は結構頑張ったな~と思ったら配信開始は来年の1月です。。。

前作モンハンは大ヒット機種でコムシードにとっても記録的な販売本数を記録した機械です。

ま~6号機としては悪くない機械だと思いますが、コムシードの期待するレベルとユーザーの熱量が必ずしも同じになるとは限らないので注意は必要です。

決算書で業績不振の言い訳にならないくらいには売れて欲しいと思います。モンハンは自分も購入しようと思っています。

 

そしてアプリ関連で言うと「P戦国乙女6~暁の関ヶ原~」も近日配信予定となっています。

こちらはパチンコ再現は勿論ですが、ミニゲームも搭載されるようです。

コムシードがパチンコアプリでオリジナル要素の追加をする事は非常に珍しいと思います。。。

コムシード本体の開発か外注かはわかりませんが、コムシードの生き残る道は結局P&Sアプリが本流だと思うので可能性を拡げる施策にはこれからも挑戦して欲しいと思います。

ちなみに「P戦国乙女6~暁の関ヶ原~」は比較的人気機種で個人的には「パチンコ」のアプリのコムシードの販売記録(スロットは多分モンハン)を作ってくれないかと期待しています。

戦国乙女というコンテンツならパチンコ市場のヒットレベル以上にコンテンツに消費してくれるユーザーがいます。

そういったユーザーには特に追加要素は重要です。

あとはアプリ限定非売品グッズのプレゼントとかが出来たらさらに良いと思うのですが、これは無理ですかね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です