コムシードの目指す「カジノアプリ」の理想形?

ワンパンマンの事前登録が開始しとりあえずは推移を見守るくらいしか無いので、コムシードの次の一手「カジノアプリ」に関連したニュースに注目してみたいと思います。


とある企業がオンラインパチンコ&スロットサイトの開設を準備しているようです。

このサイトではゲームで遊んだ結果で暗号資産を獲得しその暗号資産を法定通貨と交換する事も可能となるようです。

世界展開を考えているようですが、運営会社は国内企業です。

国外の企業が国外で展開するならばそれぞれの国の法律に従えば良いのですが少なくとも運営は国内企業が行うようで法関連を全てクリアした上での始動なのか謎です。

もしこの方式が適法であるならばコムシードの開発していると言われるカジノアプリの開発にも相当な影響があると思います。。。

「カジノアプリ」を開発するならお金のやり取りが自由に出来るならば、そりゃあ理想形だとは思います。

ただし、国内法に準拠した形でこの方式で運営している企業を知らないし、自分の知識ではこの形の運営が認可されるとは思えません。

という事でコムシードが準備していると言われるアプリもカジノアプリですが、「ソーシャルカジノアプリ」です。

カジノアプリという事で期待値を上げている株主の方もいるかもしれませんが、どんなアプリが出てきても冷静に受け止める準備をしておいた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です